2009年10月31日

いろいろ☆

まず、昨日あまり話したことのない子が休んでた分のノートを写さしてくれました。超うれしかった!

「青山ボーイズキャバレー」の感想!いろんなことを考えさせるものでした。
 斉藤ヤスカさんは演出家の役なんです。演出家なんで舞台の演出をするんですけど、本当は自分の師匠のふりをして演出していたのが初日の本番の直前にばれてしまうのです。そのなかで師匠になかなか認めてもらえなくて、悩んでて。苦し、もがいてて。
そして、自分に足りないものに気がつくのです。
足りなかったものそれは「なにかに捕らわれずにその発想を爆発させる。自分に正直になる。」です。

いいものです。(涙)続きは明日。あすは永岡卓也さんについて

明日が皆さんにとって幸福な1日になりますように。
posted by 刹那 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。